スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | | |
北海道初日
2006-08-19 23:58
8/19(土)

苫小牧~札幌~小樽~積丹

走行 220km
 7時頃にガキのうるさい声で目覚める。
 これだから夏休みは・・・

 朝風呂に入りモーニングセットを食べる。
 飲み物はコーヒー、紅茶、牛乳、ジュースと選べるのでオレンジジュースを頼む。
ところがデザートにもオレンジが。去年も同じことしていたような・・・。
 荷造りをして到着までベッドで横になりながらTVを見る。とりあえずは晴れのようだ。
 New“きそ” は車両甲板に降りる時も並ばずEV乗れていいね。
 甲板で荷造りしていると暑くて汗かいてきた。

 Tシャツで走ろうとも思ったが、ジャケットを着て走ってみる。
 夏仕様にすると丁度いい感じ。

 まずは札幌に向かいR36を走り「カリー軒」を探す。大泉洋が良く行く店とか。
 「カリー軒」自体はすぐに見つかったがすでに行列ができている。
 デジカメで撮影のみしてここはスルー。
 札幌駅前を少しウロツクも昼飯食べるのに良さそうな所が見当たらないのでとりあえず小樽に向けて出発。
 
R5を北上し、その後左折し高速道の下を併走する。
 札幌から西は初めてだ!
 思ったより小樽は近く、1時間くらいで到着。小樽運河と赤レンガ倉庫を見て後にする。
 
再びR5で積丹に向かう。
 道の駅「スペースアップルよいち」で休憩。フランクフルトと名産(?)のリンゴを使ったリンゴジュースを。
 
積丹までも思ったより近く、15:30には宿付近に到着。まだ早いのでそのまま積丹岬に行ってみることに。(あとで分かったことだが、一旦チェックインしておけばケーキを食べることができたらしい・・・。)
 
駐車場にバイクを止め、坂を徒歩で上って展望台に向かう。結構ハードな坂で地味に長い。
 これが積丹ブルーってやつか! さらに1.9km先に「女郎岩」があるらしいのだが、展望台にいた別の客の「先ってどうなの?」「あんま変わらないな~」「もどろっか」というセリフを聞き戻ることに。
 戻ると狭いトンネルから海岸へいけるらしいので行ってみることに。頭がつきそうなくらい低く、幅も狭い。首を真っ直ぐにして歩けなかったから高さは1.8m弱ってとこか。ここは海岸に降りられるようだがパス。
 
積丹岬を後にしたのが16:40くらい。YHに行ってもいいが神威岬も寄れるかも?ここから11km=10分ちょい。行こう。
 神威岬は先端まで徒歩20分とマップルに書いてあったので覚悟して向かう。道は狭く険しく、そして長い!息を切らしながらも到着。でも途中、子供を抱っこしながら歩いてる人もいたな・・・。
 
駐車場までも同じ時間かけて戻る。17:40くらい。18:00までYHはギリか!?特に渋滞もなく(当たり前だが)来た道を戻る。R229を戻り分岐点に。
 マップルだと少し積丹岬に曲がった方にYHがあるように書かれていたが、進めどなかなか見当たらず。もしや?と思いR229に戻るとスグ見つかった!18:10。
 さっきこの辺を通ったときは17:55くらいだったのに!
 宿の敷地へ入るとペアレントの方が出てきて、バイクは屋根のあるとこに置いていいよーと。コレって地味にありがたいんだよね。
 18時から夕食で少し遅れたので受付は後でいいよとのこと。先に夕食。総勢8人かな。

・ 姉+弟でチャリ+車のペア。
・ 電車で(?)日本一周中の高知の女の子 10~20代?
・ 某ミチコに声のトーン、話す感じがメチャ似ていた兵庫の女性 30代?
・ 夏休みがとれたので札幌から車で梅酒作る為の梅持参で来てた男性 30代? 
・ 札幌からレンタカーできていた大学時代の同級生にそっくりだった女性 20代
・ 電車+レンタカーで来たという名古屋の女性 20代

夕食はかなり量があり全部は食べきれず・・・。
 豪勢な夕食+メロンを食べた後は近くの温泉に入りに行くことに。
 近くと言っても7km先。まぁ10分弱だが。
 車に乗せてもらい高知、兵庫の子と4人で「しゃこたんの湯」に向かう。
 外灯が全くない真っ暗な道路をひたすら走る。
 露天風呂から夕日が沈むのが見えるとのことだったが時間的にギリギリ間に合わなかった。それでも流れ星が流れている満天の星空を見ながらの露天風呂はサイコーだった!
ゝ( ゚∀゚)メ(゚∀゚ )ノ アヒャヒャヒャ て感じ?

ヽ(´▽`)ノて感じか。

今度は夕日も見てみたいものだ。しばし贅沢な空間を味わい宿に戻る。
 それにしても某ミチコの声にほーっんと似てるな。イントネーション、トーンがマジ似てる。後部座席から話しかけられると「あれ?」って(笑)
 21時からのデザートタイムで雑談しながら夜が更けていく。なかなか楽しいひとときだ。
梅酒、震災時のボランティアなどの話題で盛り上がる。ライダーが他にいないのがつまらないなぁとも思ったがそうでもなくてマジ楽しかった!
 話は尽きないが皆明日もあるので23時にお開きになり就寝。
 男は和室に3人だったが旅の疲れか、静か過ぎたためかなかなか寝付けなかった。

 そういや明日の日の出は4:46らしいが高知の女の子は3:30起きでチャリ借りて10km先の岬に見に行くそうな。元気だ。

スポンサーサイト
別窓 | 車・バイク | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<北海道 2日目 | 風の吹くまま 気の向くまま | 北海道前夜>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 風の吹くまま 気の向くまま |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。